手帳型のスマホケースがおすすめである理由

スマホケースを購入する機会というと、新しくスマートフォンを買った時、今まで使っていたケースが古くなったり、汚れたり、ヒビが入ってしまった時などと、そう頻繁に起こるものではありません。頻繁に買い換えるものではないからこそ、とっておきのケースを買っておけば、長く楽しめることができます。スマホケースには、スマートフォンの背面に取り付けるだけのハードタイプや、側面に取り付けるだけのバンパーケース、ふにゃふにゃと柔らかい素材でできたソフトタイプなどがありますが、せっかく購入するのであれば、スマートフォンの背面から側面、前面までカバーできる手帳型タイプのスマホケースをお勧めしたいと思います。高額なものも多いですが、おしゃれでメリットもたくさんあります。お勧めである理由は以下の通りです。

背面・側面・前面を覆うのでスマホを保護しやすい

手帳型のスマホケースの1番のメリットは、やはり背面・側面・前面を覆うことによるスマートフォンの保護の役割が最も大きい部分です。よく電車に乗っていると画面が割れたスマートフォンを使っている人がいますが、あまり綺麗ではありません。その点、手帳型ケースはスマートフォンをすっぽり覆うタイプとなっているため、万が一落としてしまった場合も画面が割れてしまうケースが少なくなります。なお、スマートフォンの幅よりケースの幅が大きいものを選ばないと、スマートフォンを落とした際に、真っ先にスマートフォン本体に傷がつくことになってしまい、このメリットは得られなくなってしまうので、購入の際は自分のスマートフォンとサイズが合っているか、しっかり確認してから購入することをお勧めします。

チェーンを通せば持ち運びしやすい

手帳型ケースの場合、側面がケースで覆われるため、側面の部分に紐やチェーンを通すことによって、ポシェットのようにスマートフォンを持ち運べるようにすることができます。具体的にはスマートフォンの側面の下の部分に丸い穴や、丸カンが付いている場合、そこに紐やチェーンを通して、ケースの内側〜外側にかけて円を作るように紐やチェーンを通します。そして、そのチェーンをポシェットのように持てば完成です。もし、丸い穴や丸カンがついていない場合は側面を覆うようにして紐やチェーンを通しましょう。このようにすれば、スマートフォンを置き忘れたり、落としたりすることもなくなりますし、ポケットの無い服を着ている時も容易にスマートフォンを持ち運ぶことができます。カードが入るタイプであれば、携帯一つで出かけることも可能になり、おすすめです。